まつ毛貧毛症かも~薄い・少ない理由は3つある

まつ毛が薄い、本数が少なくて目元の印象が貧弱……私はまつ毛貧毛症。

まつ毛が薄い、少ない原因は3つあります。

そのうち1つはどうしようもありませんが、残りの2つに当てはまるなら解決策があり、ちゃんと効果が出ています。

まつ毛が薄い・少ない理由3つを解説

1.生まれつき、又は後天的に毛包(毛穴)が少ないパターン

人は生まれつき毛穴の数が決まっています。後に増えることも減ることもありません。

そして毛が生える毛穴には、その毛穴を包み込むように膜が張られています。これが毛包。この毛包がないと毛が生える環境になりません。

なので、生まれつきだったり、後天的に何かしらの原因で毛包を失うとまつ毛は生えてこなくなり薄くなります。先天的なまつ毛貧毛症というわけ。

後天的原因で考えられるのは、無理やり引き抜いたりして炎症を起こし、毛包周辺の発毛組織が破壊されてしまうことです。

もしあなたがこのタイプなら、基本的にどうしようもありません。

ただ、毛包を移植するという手段も残されています。しかし費用面で大きな問題があります。

2.まつ毛が成長するのを邪魔しているパターン

まつ毛が生えている部分はかなりデリケートな部分です。肌が薄く弱いため、何もしていなくても荒れることがあります。

そしてまつ毛が薄いと悩んでいる人は圧倒的に女性が多いんです。

いわば自分が原因のまつ毛貧毛症。結構これが多い!

理由は、つけまつ毛やまつ毛エクステによる皮膚負担。またアイメイクとクレンジングによる刺激です。これらはたまにではなく、ほぼ毎日継続する刺激負担です。

頭髪でも同じことが言えますよね。刺激の強いシャンプーで洗うと毛が抜けやすくなったり、成長しにくくなります。頭皮は分厚くてしっかりしていますが、まつ毛の生えているまぶたの際は非常に弱く、これらの刺激負担でまつ毛が抜け落ちたり成長しにくくなります。

3.先天的・後天的に成長期が短いパターン

毛髪には生まてから抜け落ちるまでのサイクルがあります。頭髪の場合は4~6年ほどあり、髪の毛が細くなったり薄くなって来た人は1年ほどまでに落ち込みます。

このヘアサイクルで重要となるのが「成長期の長さ」です。

ヘアサイクルは、

成長期 → 退行期 → 休止期

というのを繰り返していきます。フサフサの人と薄毛の人で差が出るのは成長期だけ。退行期と休止期の長さはほとんど変わらないんです。つまり毛髪が薄くなる、細くなるというのは、成長期が短くなるのが原因なんです。

そしてまつ毛の場合、頭髪だと成長期が4~6年あるのに対して、健康でもたった4ヶ月ていどしかないんです。そのため、頭髪ほどバッサバサにまつ毛が成長しないんです。

このことから分かるように、何かしらの原因でまつ毛の成長期が短い人は、必然的にまつ毛が薄くなり、細い状態でしか成長しなくなります。

これはただ単にまつ毛が薄いという考えではなく、正式に「まつ毛貧毛症」という症状として分類されています。

3つのパターン別!薄いまつ毛を濃く太く伸ばす方法

【パターン1】毛包が少ない場合は「植毛」しかない

薄毛の芸能人が急にフサフサになった、生え際が怪しかったのになくなっている!?

という場合に疑われるのが「植毛」です。

この植毛はまつ毛でも可能で、頭皮に比べて痛みが少なくて意外と簡単に行なえます。ただ歴史はまだ浅いので一般化まではしていません。

まつ毛の植毛方法は、頭の毛包を採取して植え付けます。だいたい100本前後を植え付けますが、頭皮から100個の毛包を取っても見た目に影響は出ません。100というと多いように聞こえますが、健康な頭皮でも毎日100本くらいは毛が抜けているのですから。

費用は両目で50万円前後ほどかかります。

思っているほど大掛かりな手術でもなく、局所麻酔をするので痛みなどもほぼ感じず、植える行為なので傷跡も通常は残りません。最も確実ではっきりとまつ毛貧毛症を解消できる方法でしょう。

ただ頭部の髪の毛毛包を移植するため、伸びる速度も早くなります。そのため今まで必要なかったまつ毛の散髪が必要になることもあります。ここが人によっては面倒かもしれませんね。

【パターン2】女性はクレンジングを変えることで解決するかも

まつ毛エクステやつけまつ毛はどうやっても負担になります。まつ毛の育毛には確実にマイナスです。

どれだけ気をつけても、接着剤などのグルーが肌に付着します。ただでさえ弱い目元の皮膚に負担があるのは当然。

ただ、まつ毛が貧相だとまつ毛エクステもつけまつ毛も急にやめられません。顔が変わっちゃいますからね。

これらを継続しながらまつ毛がしっかり太く長く成長するようにもっていくにはどうすればいいか?

可能性があるのはクレンジングの変更です。

まつ毛エクステをしている人はオイルクレンジングを避けますよね。また目元の乾燥を気にする人はミルク・クリームタイプのクレンジングを好んで使われます。

確かに洗浄力が控えめで肌刺激が少ないメリットがあります。

しかし、洗浄力が弱いためメイク落ちも当然悪くなります。メイク落ちが悪い分、クルクルとよく馴染ませる必要があります。頬やおでこなど皮膚が分厚いところは大丈夫でも、まつ毛が生えている目元付近にはそのクルクルタイムが刺激負担になります。

それだったら、メイクオフ力が最も強いオイルタイプで、なるべくこすらず一瞬でメイクを落としてしまったほうがまつ毛環境に良くなります。

オイルタイプであってもまつ毛エクステに使えるものもあります。使うクレンジングの優しさが必ずしもまつ毛にも優しいとは限らないのです。

他にも目元に余計なものをつけない、刺激を与えないことを徹底することが重要です。このあたりは頭の毛の育毛と同じですね。

【パターン3】成長期不良のまつ毛貧毛症なら治療薬がある!

まつ毛が薄い、少ない理由が成長期の短さにあるなら、国内でも認可された治療薬があります。

グラッシュビスタという塗り薬です。

グラッシュビスタ患者向けサイト

もともと緑内障や眼圧が高い人のための薬で、副作用でまつ毛が濃くなることから新たに認可された薬です。なので中身自体は緑内障向けのものと変わりありません。バイアグラが狭心症の薬の副作用として誕生したのと似ていますよね。

グラッシュビスタに含まれるビマトプロストという成分がまつ毛の成長期を伸ばし、十分にまつ毛を育ててくれます。

使い方も簡単で、専用のブラシでまつ毛根本に塗布するだけ。1日1回なので面倒臭さもありません。

効果が出るのは大体2ヶ月以降。まつ毛の成長期が4ヶ月なので、これくらいでまつ毛が伸びて太くしっかりしてくるのを実感できるようになります。

最近だとまつ毛美容液がよく売れていますが、あれはあくまで発毛環境を整えるのに留まります。でもグラッシュビスタはかなり効果がある、完全なまつ毛育毛剤なんです。

まつ毛フサフサになれるグラッシュビスタについて

まつげ美容液ってあれ本当に効くの?

つけまつ毛やまつ毛エクステがかなり人気ですが、これらにハマるとだいたいやり過ぎるんですよね。

50本くらいつけたら自然なのに、それじゃたりないと200本とか……

女性はまつ毛が長いほうがいいそりゃいいでしょう。でも不自然になったらただの厚化粧女です。やはり自然に濃いまつ毛が理想的。

となると、グラッシュビスタだと思っていた以上に濃くなるケースもありますし、やっぱり病院じゃなくて手軽に増やしたいという人のほうが多くなります。

そこで人気になったのがまつ毛美容液。

でも効果がないという人もいます。

頭髪の育毛剤と同じ考えでいい

まつ毛美容液はグラッシュビスタみたいな効果があるわけじゃありません。基本的にまつ毛の育成環境を整えるだけです。促すまでの効果はありません。一般的に昔からある育毛剤と似たようなものです。

少なくとも、先天的に成長期に不良があるまつ毛貧毛症には、ほとんど期待はできないでしょう。

まつ毛美容液の評判が意外といい理由

頭髪の育毛剤はさっぱりというケースが多いですが(最近はちょっと変わってきましたが)、まつ毛美容液は結構評判が良かったりします。

これはその製品の効果ではなくて、まつ毛美容液を使うという意識が、まつ毛の成長に邪魔をする行為を減らすことがあるからです。

【パターン2】の場合で、目元のケアがまつ毛環境を悪くしているまつ毛貧毛症の場合です。

この場合、まつ毛美容液を使うことで、まず製品効果により保湿による潤いや、刺激ブロックなどのメリットが生まれます。そして配合成分の特徴などにより、まつ毛が成長しやすい条件が整えられます。

さらに、まつ毛美容液を使っているときは、まつ毛を伸ばそう、増やそうという意識が強まります。その中で、クレンジングは控えめにするなどの知識も耳に入ります。

結果、まつ毛美容液を使っている間はまつ毛環境にいい状態が大幅に取り戻せることになります。

そして、頭髪の成長期が4年以上なのに対してまつ毛はたったの4ヶ月。

つまり、施したケアの結果が2ヶ月くらいで実感できる。だから結果が出やすい。まつ毛美容液すごーい!という実感になりやすいんです。

まつ毛だけでいいの?まつ毛美人は目元全体が綺麗

まつ毛が薄い、少ないのがコンプレックスになるとそこばかり気にしがち。

でも、まつ毛貧毛症が【パターン2】の原因なら、結局はまつ毛の生え際だけの問題じゃないんですよね。目元全体の問題。

クレンジングによりまつ毛がダメになっている人は、目元の乾燥や小じわ、ちりめんジワ、クマ(特に茶クマ)なんかも出ている確率がかなり高いです。

もしあなたが目元にまつ毛以外の肌悩みがあるなら、それがなくならない限りまつ毛も思うように伸びてこないかもしれません。

結局、まつ毛がフサフサできれいな人って、何だかんだで目元全体が綺麗な人が多いと思います。

まつ毛の育毛にこだわるのもいいですが、そもそも目元全体として満足できる状態なのかどうか?いくらまつ毛が濃くても、クマやシワがあったら、まつ毛が濃いせいで目元のクマやシワが余計に目立って見えてしまいますしね。

目元の悩みオールケア+まつ毛ケア

目元の肌環境を整えて、まつ毛も目の周りも満足する状態に導くアイテム候補。

とにかく乾燥だけは避けましょう。刺激にも弱くなって炎症を起こしやすく、茶クマだったりまつ毛の生え際の炎症などにも繋がりますからね。

  • 珍しい目元とまつ毛のWケア
  • ビタミンC4種類+めぐり成分で明るい目元へ
  • ビフィズス菌エキスなど目元環境バッチリ
  • 内と外のW保湿で潤いしっかり
  • 980円でトライアル

アイクリームですがかなり控えめなお値段。そしてまつ毛のことも考慮されたかなり珍しい製品。

頭髪ケア用品にも入っており、目元でも使える2種類の成分が、保湿だけでは無理があるまつ毛環境を整えてくれます。

目元悩み全般に対応しつつのまつ毛ケアなので、理想的な肌環境を維持構築が可能です。

POINT!
初回わずか980円。2回目以降でも4,000円以下の送料無料。1回限りの解約でもいいですよ!と目立つように表記している点が好印象ですね。

素早くメイクオフ!まつ毛環境をじゃましないオイルクレンジング

ミルクやクリームタイプのクレンジングで時間をかけているなら、サッと落ちてまつ毛環境を邪魔しないオイルクレンジングに注目。

オイルクレンジングにも種類があって、肌が乾燥するタイプとしないタイプがあります。以下はもちろん乾燥しないタイプ。

  • まつ毛エクステO.K.
  • 水に塗れていても使える
  • メイクオフ力はオイルならでは抜群
  • 植物性オイル4種類は潤いを奪わない
  • くすみ原因の肌ステインもオフ

高級化粧品を3分の1の価格で提供するアテニア。一般的なグルーを使ったまつ毛エクステなら使用可能なオイルクレンジングです。

オイルクレンジングはメイク落ちが非常に早いものの、洗浄力が強すぎて乾燥すると嫌われがち。ですがそれは鉱物油を使った製品の場合です。植物性オイルの本製品なら、肌の皮脂やセラミドなどの油脂を不必要に取り去らないため、時間のかかるミルク・クリームタイプよりむしろ乾燥しません。

まつ毛環境を悪化させずに、刺激も減らしてさっぱり。肌くすみの原因となる肌ステイン除去にも対応。目元の明るさ、透明感を取り戻しつつ、まつ毛を育てていきたい人に向いている内容です。W洗顔不要です。

POINT!
2ヶ月分で約1,800円とコスパも抜群。ただメイクを落とすだけでなく、美容作用があるから毎日が変われるチャンスになります。